スポンサードリンク

逸品になったRICOH R8

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日リコーから発表されたR8、なんだかいきなり素晴らしいデザインになってます。

光学式手ぶれ補正と広角ズームレンズ搭載
写真にもカメラにもこだわる人向けの「RICOH R8」

「毎日使いたくなる道具」をコンセプトにデザインを一新した7.1倍ズームデジカメ。

リコーは、1000万画素CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラの新製品として、28?200mm相当の光学7.1倍ズームを搭載したハイエンド機「R8」と、光学5倍ズームのコンパクト機「R50」を3月7日より発売する。価格はどちらもオープンだが、推定市場価格はR8が5万円前後、R50が3万円前後。

リコーは2月19日、コンパクトデジタルカメラ「R8」を3月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

R8は、最薄部22.6mmボディに28?200mm/F3.3?F5.2の光学7.1倍ズーム搭載コンパクトデジタルカメラ。2.7型液晶や、正方形フォーマット撮影機能などを装備する。

コンパクトデジタルカメラの新製品として、高精細1000万画素CCD、光学7.1倍(焦点距離の35mm換算値で28mm?200mm)の広角・高倍率ズームを搭載し、撮影機能を向上した充実機能の「R8」を開発し、新発売いたします。

ブラックモデルのR8は、GRDを更に洗練させたリコーらしいデザイン、シルバーモデルのR8方はちょっとレトロな銀円時代の高級コンパクトカメラを思い出すデザイン、、、

見れば見るほどシンプルで洗練されたデザインになっちゃいましたね。
先代モデル、Caplio R7が少しファミリーなデザインだったのですが、R8は流石にGR DIGITALやGX100、いやそれ以上に完成されたデザインになっちゃいました。
流石にここまでかっこよくなっちゃうと、Caplioのロゴいらず、とリコーが決断したのも頷けますね;;;^^)

そして、広角28mmから望遠200mm、1cmマクロも可能にするズームレンズに、CCDシフト方式の手ブレ補正なこれ1台で何でもこなすR7の性能をそれ以上に熟成させた、GRD2の横に置いても違和感無いどころが、下克上状態のRICOH R8、価格はまずは5万円前後というのは、安い(GRD2で慣れてるから、W)はっきり言って欲しい!です。

但し、カラフルなR7がお好きな方、Caplioの名称がお好きな方は、リコーCapli R7はラストチャンスですよっ(^^;;;

今日時点で、RICOH R7は2万6千円台とかなり下がっています。
R8出現前の予兆だったんでしょうかね?


楽天富士カメラでご購入→リコー Caplio R7 ブラック【送料無料】


楽天富士カメラでご購入→リコー Caplio R7 シルバー【送料無料】


楽天富士カメラでご購入→リコー Caplio R7 オレンジ【送料無料】


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル